Pocket

Exif_JPEG_PICTURE

慶祝菓 花なびら餅 【花びら餠の由来】
宮中の正月儀式に古代より伝わる花びら餠は、初花(梅)の花びらをかた
どったところから‘‘おはなびら’’とも呼ばれ、年賀の習いに、茶事の初釜に名残をとどめています。
又、花びら餠は、元旦の夕方に食する習わしが有り元旦だけは、女性が厨房に入って仕事をしない
様と気遣いで宮中雑煮又は、包み雑煮と呼ばれ搗き立ての餠を食す事から‘‘おあつあつ’’とも言われ
ています。